フィリピン留学って結局どこがいいの? -セブ島とボラカイ島を比較してみた!-

留学前情報

フィリピン留学で学校を選ぶとき、学校選びはもちろんのこと、まずどの地域の語学学校を選ぶかで迷いますよね?

 

今回はフィリピンの留学先として一番有名なセブ島と本校のあるボラカイ島を比較してみたいと思います。

 

まず、フィリピンは7107個の島で成り立っています。

政府は北からLuzon、Visayas、Mindanaoとフィリピンを3つ地域に分けており

セブ島、ボラカイ島ともに中部のVisayasという地域に属しています。

 

 

セブ島

セブ島のセブシティはフィリピンで5番目に大きい都市で80万人以上の人々が暮らしています。周辺のラプ-ラプシティや、マンダウエシティからなるメトロセブで計算すると200万人を超え、メトロマニラに次ぐフィリピンで2番目に大きな都市になります。

 

セブ 街並み

 

 

 

広いセブ島の中でも、このセブシティに多くの語学学校が集中しています。

 

 

セブシティ周辺にはリゾートやビーチがたくさんあります。スペイン植民地時代の建物も数多く残っており、観光地として人気の都市です。また、中心部には大型ショッピングセンターや商業ビルが立ち並び商業都市としての顔も持っています。

 

 

セブシティの隣のマクタン島には国際空港があるので日本からのアクセスが非常によく、成田空港や関西国際空港から直行便が出ています。

 

 

では、みなさんのセブ島へのイメージはどうでしょう?

白い砂浜、透き通るような海、ヤシの木の下でゆっくりビールでも・・・なんてイメージではないでしょうか??

(こんな感じ)

ボラカイ島 ビーチ

 

 

 

、、、、、、、間違ってはないです!!!!

 

 

確かにセブシティの周りにはたくさんの綺麗なビーチはあります!!

 

ただしセブシティはフィリピンで5番目に大きな都市、語学学校の集中している街の中心部から泳げる綺麗な海に行きたければ1時間ほどタクシーに乗って行かなければならないのです。

 

 

語学学校を探す際はGoogleMapなどでしっかりと場所を把握しておきましょう。

 

セブ 街並み2

 

セブシティの良い点

・大型のショッピングセンターがあり必要なものは全て揃う

・観光地がたくさんある

・日本からのアクセスが良い

 

セブシティの悪い点

・渋滞がひどい

・海までが遠い(語学学校の場所による)

・街が大きいので場所によっては安全ではない

 

 

ボラカイ島

ボラカイ島は全長7kmほどの小さな島です。

島の人口は12,000人ほどで毎日世界各国から観光客が訪れています。

 

以前のブログでも書きましたがボラカイ島はフィリピン随一のリゾート地です。

 

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

ボラカイ島には空港がなく隣のパナイ島の空港に着いた後にボートで入島するしか方法がありません。

 

しかし!!

 

喧騒から離れ、世界一綺麗なビーチと空が焼けるような夕日を見ながらリラックスできる場所です。

 

 

ボラカイ島 夕日

 

 

 

ビーチに寝そべり、夕日をみながら飲むビールは最高に美味しいですよ!!!

 

 

ボラカイ島 ビール

 

 

 

ボラカイの良い点

・世界一のビーチに毎日行ける(本校から歩いて10分程度)

・島全体がリゾート地なので治安がいい

・都会の喧騒から離れ、島ならではのリラックスした時間を過ごすことができる

 

ボラカイの悪い点

・日本からのアクセスが悪い

・大型のショッピングセンターがない

 

 

まとめ

二つの島を比べて見ましたが一概にどちらが良くてどちらが悪いというものではなく自分の目的によって旅行、留学先を決めるのがよいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してください

キャンペーン情報

只今、本校では3週間以上お申し込み頂いたお客様に無料で1週間分の授業をプレゼントキャンペーンを行なっております。

是非、このお得な期間にお申し込みください。

詳細につきましては下記LINEか、お問い合わせフォームからご質問ください!!

日本人スタッフが対応いたします。

お問い合わせ

LINE:QRコード