【速報】ボラカイ島のコロナウイルスへの影響について

2019年12月に中国から始まったコロナウイルスですが世界中で猛威を奮っています。

観光や留学をお考えの皆様に今回はボラカイ島の現地情報と観光の注意点をご紹介します。

 

フィリピン政府の対応

フィリピン政府は新型コロナウイルスに対し、他国よりも迅速な対応をし日本政府とは違い強気の対応を見せているため、観光客もそれほど心配する必要はないかもしれません。

 

フィリピン国内で感染者が発生し中国人への到着時VISAの発給を停止。

先日、中国国外で初の死亡者が出たフィリピンですが、中国の武漢、香港及び、マカオからの外国人入国を禁止する事を決定しました。

 

 

入国制限

拡大する影響に伴い2020年2月2日よりフィリピンへの入国制限(トランジットを含む)が実施されています。

 

注意
■フィリピン 入国制限要件■
①外国籍で中華人民共和国もしくは特別行政区から直接フィリピンへ渡航する方
②外国籍で14日以内に中華人民共和国・台湾もしくは特別行政区に渡航歴があり、直接フィリピンへ渡航する方 ※通過も許可されていません。 

 

 

ボラカイ島の状況

フィリピン政府は各国に先立って、1月25日、中国人観光客が多いフィリピン共和国ボラカイ島に中国・武漢から到着した中国人観光客約500人を感染拡大の防止のため強制的に帰国させました。

ボラカイ島での発症例は確認されていません。フィリッピン政府の入国制限の影響もあり、観光客の大半を占めていた中国人、韓国人は現在ほとんど見ることができません。

以上を踏まえまして、マニラやセブなどの大都市に比べると、ボラカイ島は比較的安全と言えることができます。

 

 

対策

日本でも言われているようにマスクは常に着用し、手洗いうがいをしっかりとしてください。

マスクは日本から高機能な物を持参し、アルコール消毒ができるスプレーやジェルをこまめに使用してください。

キャンペーン情報

 

只今、本校では3週間以上お申し込み頂いたお客様に無料で1週間分の授業をプレゼントキャンペーンを行なっております。

是非、このお得な期間にお申し込みください。

詳細につきましては下記LINEか、お問い合わせフォームからご質問ください!!

日本人スタッフが対応いたします。

お問い合わせ

LINE:QRコード

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です